生活保護制度の概要

GOOD

日本は戦後から福祉制度を多く導入し、社会福祉を奨励してきました。 日本国憲法第25条では、全ての国民が健康で文化的な最低限度の生活を送れるようにと生存権を定めています。

このように、国民一人一人の生活を確保することを日本は目的としてきました。 その動きの一つとして最も知られているのが「生活保護制度」です。

生活保護制度は一定の事情によって生活が困窮極まるという方に、その状況に応じて一定の保護をするという福祉制度です。 日本国憲法第25条で定められているように、国民一人一人が健康で文化的な最低限度の生活を送ることができるように、生活を保障するのです。

そして、最終的には保障や保護を受けずとも自立できるように支援していくというのが、生活 保護制度の目的となっています。

生活保護を受けることが出来るのは、主に心身の故障で働くことが出来ず生活を維持できない方や、財産などを活用しても生活を維持できないという方です。

そうした人々は心身の故障の程度や、生活の困窮具合などを総合的に判断され、どれくらい生活保護が受けられるかを福祉事務所が判断します。 そして、福祉事務所がそうした人々に生活に必要な現金を支給することで、生活保護制度は成り立っています。
簡単に言えば、何らかの事情があって生活が困窮している人にお金を支給し、最低限の生活を保護するという制度です。

社会福祉のための制度ですが、現時点ではこの制度をめぐって様々な問題があることもまた事実なのです。
ですが、基本的には日本国民全体の生活レベルを維持するための制度ということをご理解ください。

将来もし自分の身になにか起きて働けなくなったら・・・。誰も介護をしてくれる人がいなくなったら・・・。そんなコトを考えると、今から家の中でリフォーム出来るところはした方が良いと思い、トイレリフォームの事例と費用など調べ始めました。だんだん年を取ると色んな問題が出てお金もかかりますね。節約できるところは節約し、もらえるものはもらいましょう!

トップページへ戻る