どんなことが補助されるのか

8と猫

生活保護制度で補助されるのは、主に8種類の項目となります。

1.生活扶助

主に衣食住に必要なお金や、光熱費水道費などの公共料金のお金が補助されます。

こちらに関しては現金支給となり、生活保護受給者は現金を受け取ることになります。 支給日に関しましては、福祉事務所によって異なりますが、大体月1回のペースで支給されることになります。

2 .医療扶助

病気や怪我をした際に医者に診察してもらう医療費にかかるお金が補助されます。

支給方法としては生活保護を受けている人に支給されるのではなく、病院側に直接支払われるかたちで支給されます。 生活保護受給者は生活保護法指定医療機関を利用することで医療扶助を受けることが可能となっています。

3.住宅扶助

生活保護者の多くが賃貸住宅に住んでいますが、その賃貸料が支給されます。
他にも住宅を維持するのに必要なお金が支給されます。

4.教育扶助

生活保護を受給している家庭の児童が義務教育を受ける際に必要になるお金が支給されます。
原則として現金で支給され、主に教育に必要なお金としてつかっていくことになります。

5.介護扶助

要介護・要支援と認定された生活保護受給者に支給されるお金です。
受給者の状態に応じて支給されるお金の種類が異なってきます。

6.出産扶助

生活保護受給者が出産をする際に支給されるお金ですが、児童福祉法の入院助産制度の方が優先的に適用されます。

7.生業扶助

生業に必要な資金や道具などを購入しなければならない受給者に支給されるお金です。

8.葬祭扶助

生活に困窮している人々が冠婚葬祭を行う際に支給されるお金です。

以上のような扶助が、生活保護受給者の状態に合わせて行われるのです。

トップページへ戻る