自立支援の相談窓口

窓

平成27年4月より生活困窮者自立支援制度がはじまり、各自治体に自立支援相談窓口が設置されました。 こちらでは、現時点では生活保護を受給していないが、将来的にそういった状況に追い込まれるといった人々に前もって支援を行っています。

心身の故障でどうしても働けないという方だけでなく、どうやって働いていいかもわからない方や、現時点では就労に自信がない方などへの支援も行っています。 また、DVなどで家を出ざるを得なかった方や、家賃が払えずに住居を追われた方などにも支援を行っています。

生活保護を受給できなかったといった方の支援も行っていますので、生活にお困りの方は自立支援相談窓口に相談してみましょう。

自立支援相談窓口は、各都道府県や市町村の福祉担当部署などに設置されていたり、NPO団体が備えていることもあります。

どんな事情であれ、生活に困っているという方の相談でしたら受け付けていますので、一度相談に行ってみるとよろしいでしょう。 すぐに支援をしてくれるかは皆さんの状況次第ですが、皆様一人一人の状況に合わせて対応してくれるはずです。

自立支援相談窓口では、皆様一人一人と相談することで、一人一人の支援プランを作成してくれます。 住居が無い方や、家賃の支払いに滞りが出そうな方には、住居に関する支援などの案内をしてくれます。

また、就労に関する心配事や実際に就労できずに困っている方にも、就労支援などのプランをうち立てたりします。 このように、一人一人の事情に合わせて、それぞれの支援プランを作成してくれるのです。

生活に困っている方が一人で思い悩んでも中々生活は改善できません。
自立支援の相談窓口でしたら、一人一人の事情に合わせて適切なアドバイスや支援を無料で行ってくれますので、ぜひご活用ください。

トップページへ戻る